ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

正社員 転職

職業訓練校は本当に学校 〜無職になって半年間通学〜

職業訓練校は本当に学校 〜無職になって半年間通学〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

失業保険をもらうために

私は何度か転職をしていますが、一時期無職になり、

失業手当をもらいながら職業訓練校に半年間通いました。

失業手当を延長してもらうためには職業訓練校に通う事が必要とされたからです。

その時の思い出を語ります。

職業訓練校はどんなところ?

もしかしたら学校によって違うかもしれませんが、

自分が行ってた学校は本当に校舎って感じの学校でした。

体育館もあって、バスケットボールやバレーボールで休み時間に遊ぶ事も出来ました。

教室もいわゆる中学校的なものです。

大学のような大会議室みたいなものはありませんでした。

職業訓練校のイベント行事

いろんな科目があって、それによって半年~2年と異なりますが、

私は半年間の科目で通学していました。

半年の間に遠足球技大会というイベントがありました。

遠足は、私の行っていた学校では動物園と横浜中華街付近を散策しました。

球技大会はいろんな年齢層がいる事を鑑みて激しい運動を強要するものはありませんでした。

・フリスビーまと当て

・バレーボールのトスラリー

・フリースロー

のどれかで、私はフリースローをやりました。

「バスケットボールなんて10年ぶりに触りましたよ」

って言ったら、隣の人から

「私なんて25年ぶりですよ」

と返されたのはいい思い出です。

職業訓練校の授業風景

科目で習う各授業は、

午前と午後に60分くらいの授業が2つずつだった気がします。

即戦力になるような専門的な事を学ぶというよりは、

いろんな可能性を提示するという感じで、いろんな教科を広く浅く学ぶ感じでした、小中学校と同じです。

そんなレベルの事を習って就職に役立つのか、私には疑問でした。

修業期間中に企業面接が決まったら

失業手当をもらうには授業に出る事が必須で、欠席すると日割りで差し引かれます。

しかし職業訓練校は「就職させる事を第一の目的」としているので、

就職の面接日などは学校を休んで面接に行っても欠席は免除されます。

面接日が決まると、職業訓練校の先生が授業とは別で面接の予行練習をしてくれます。

企業の面接から学校に帰ってくると、「面接でどんな質問をされたか」をヒアリングされます。

無料で面倒見てもらっているので、我々ももちろんフィードバックに協力します。

他にも履歴書、職務経歴書の書き方を教えてくれたりしますが、

あまり当てにしないほうがいいです。

就職が決まったら即卒業

普通の学校と違うのが、

生徒が1日でも早く就職先が決まれば良しとされ、

就職が決まれば、修了式も待たずに即卒業です。

ハローワークが紹介してくれる求人でも、転職サイトで見つけた求人でもよいです。

1日でも早く社会復帰出来るように税金で運営されている学校、それが職業訓練校なのです。

そう考えると、税金を無駄にしないように、1日でも早く就職できるようにという危機感がわいてきますよね。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事