ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

ブラック企業 ベンチャー モチベーション 就職 採用 新卒 評価 隠れブラック企業

「悪い事」を「悪い」と思ってない事がヤバイ 〜会社潰れると思った瞬間〜

「悪い事」を「悪い」と思ってない事がヤバイ 〜会社潰れると思った瞬間〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社潰れると思った瞬間

の続きになります。

前の会社で私が

「あ、この会社終わったな」

と一瞬で悟った出来事を振り返っていきたいと思います。

「悪い事」を「悪い」と思ってない

月1回のペースで開かれる、

全社員ミーティングの場で、

入社1年目の子が

「みなさんタイムカード正しくつけてないですよね」

と笑顔で発表した事がありました。

私はこの時に会社が潰れるストーリーが一瞬で頭を駆け巡りました。

聞かれてはいけない事を平気で外部で喋ってしまう。

本当に聞かれてはいけない人に聞かれてしまう

会社への立ち入り捜査が入る

今までの悪い事が全部バレる

ネットの時代、その事実はすぐに拡散される

洗脳されていると防御本能が働かない

普通、それが「悪い事」だと認識したうえで、あえてそれをやる場合は

・バレないようにしよう

・証拠を残さないようにしよう

と、最新の注意を払うものです。

しかし洗脳されていると

「会社のためにタダ働きする事は正義だ」

という思想の方が勝ってしまい、

本来それが「悪い事」だと思わなくなるのです。

 

もともと新卒組の洗脳のされ方が気持ち悪いと感じていた私は、

この瞬間「いつか会社潰れる」という確信に至りました。

しかも入社して半年くらいしかたってないのに、この洗脳の深さは異常だと恐怖しました。

だからベンチャーなのに、即戦力だけでなく新卒採用している企業はヤバイと思ったのです。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事