ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

エンジニア モチベーション 新卒 稼ぐ 給料 給料アップ 評価 転職 退職

役職が上がれば給料が上がるという勘違いを生む 〜エンジニアをナメるなよ〜

役職が上がれば給料が上がるという勘違いを生む 〜エンジニアをナメるなよ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある安易な勘違い

前の会社で、新人がよく勘違いしていたのが

「PM(プロジェクトマネージャー)になれば給料が上がる」

という考え方、

これがかなり浸透していたので、それは間違いだと申し上げたい。

役職とステップアップ

確かに、人に使われる方より、人を使う方が給料が高いという考え方は間違ってはいない。

例えばIT業界で、分かりやすい役職を上から順番に並べていくと

AM(アカウントマネージャー):お客様に企画提案する営業

PM(プロジェクトマネージャー):プロジェクト全体の指揮を取る

PL(プロジェクトリーダー):プロジェクトの中の中項目ごとにチームをまとめる

SE(システムエンジニア):どうやって作るかを設計してプログラマーに指示を出す

PG(プログラマー):設計通りに作る

TS(テスター):作られた製品の動作確認をする

こんな感じで、確かにAMやPMの方がSEより高い給料をもらっている傾向は高いです。

そしてエンジニアもPG → SE → PLといった形でステップアップを踏んでいくものなので、その見方でも役職が上がればという考え方に繋がるのは当然の事です。

すべてのエンジニアがマネージャーになりたいわけではない

エンジニア35歳定年説の時にも書きましたが、35歳くらいになると技術よりも提案が出来ないといけないと言われたりします。

しかしどんな人にも得手不得手というものがある通り、

エンジニアにも成長の過程で大きく2つに分かれる傾向があります。

・技術力を極めたい人

・企画・提案をやっていきたい人

前者は定年までずっとプログラミングをしていたいという人で、そういう人は技術リーダーを目指すべきです。

後者は先ほどのPMやAMを目指していくのが正しいです。

どちらが正解という事ではなく、

・自分はどちらが得意なのか、向いているのか

・自分はどちらをやりたいのか

次第です。

評価と給料

ここで間違えて欲しくないのが、

「PMを選ばなかったら給料が上がらない」

という考え方です。

企画や提案する事が苦手な人が、それでも「役職」というものに魅せられてそちらの方向に行くのは間違っています。

わざわざ好きでもない苦手な事をやって、それで伸びるわけがありません。

お給料が上がっていくかどうかは、会社への貢献度に比例します。

AM、PMとして能力が足りていない人はたくさんいますし、

そんな人より、質の高いエンジニアの方が評価されるべきです。

今までもよく見てきました。

何度も見積もりをやり直して営業工数を食いつぶすAMや、

チームのマイルストーンを管理できないPMがいる一方で、

通常の数倍の速さで仕事が出来るエンジニアなんかもいます。

評価は結果に対してされるべきものであって、

なんだったらスーパーエンジニアが社長よりも高い給料をもらってもいいと思います。

エンジニアの育て方を間違った末路

この考え方が間違っていると、会社も社員の育て方を間違ってしまいます。

「あいつはエンジニアとしてそこそこ経験積んだし、次はPMをやらせてみるか」

みたいな感じになります。

それを繰り返した結果、前の会社はどうなったかというと、

技術を極めたいエンジニアはどんどん辞めていき、PM志望だけが残りました。

技術が大好きなエンジニアは中途でほとんど入ってこず、新卒から大事に育てたエンジニアがちょうどいい時期に辞めていってしまう。

そして全体で見ると在籍のほとんどがPMと新人エンジニアで、その中間にあたる役職のSEの人数がすっぽりと足りていないという状況に陥りました。

だからこそ「役職」というもので給料が決まるという風潮は間違っているのです。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事