ブラック企業に就職しないために「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

Android iOS 稼ぐ

圧倒的な1強 〜LINEの料金設定は強気〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEの料金設定は強気

先日、仕事の関係で

「キャンペーンでLINEスタンプを無料で配布する方法」

を調べていたところ、LINEに支払う金額が最低でも3500万円いる事に驚愕しました。

そういえば個人でLINEスタンプを販売した場合も、

売上から7割くらい持っていかれてしまいます。

開発者の手元に残る売上は3割くらいです、

LINEはお金取り過ぎじゃないでしょうか

どうして強気の価格設定が出来るのか

LINEがこんな強気の価格設定をしているのは、ライバルなんかいない圧倒的1強だからです。

 

パソコンも同じです。

Windows OSを提供しているのはMicroSoftですが、

パソコン本体は各メーカーが作っているので、メーカー同士の価格競争で値段が下がります。

しかしMacはAppleしか作ってないので、すごく高いです。

 

スマホも同じです。

Android OSはGoogleが提供していますが、

スマートフォン端末は各メーカーが作っているので、メーカー同士の価格競争で値段が下がります。

しかしiPhoneはAppleしか作ってないので、すごく高いです。

 

価格競争で勝負しない事

「うちの方が他社より安く提供出来ますよ」

という商売のやり方は、結局身を削るだけで利益は上がりません。

よく見ますよね、

「他社より1円でも安かったら言ってください」

という、スーパーや家電量販店を。

ライバルを寄せ付けない、誰にも真似できないものを世に出す事が出来れば、

圧倒的アドバンテージで、強気な価格設定でも集客出来て、ぼろ儲け出来るんだと思います。

だから皆さんも圧倒的な1強になれるようにがんばりましょう。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事