ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

オフィス 会社 健康 働き方

【オフィスあるある】デスクワークの場合、オフィスはほんの少し寒いくらいの方が仕事に集中出来る

【オフィスあるある】デスクワークの場合、オフィスはほんの少し寒いくらいの方が仕事に集中出来る

このエントリーをはてなブックマークに追加

暖房の季節

オフィスの空調を冷房から暖房に変えるような季節になってきました。

ただ、立ち仕事ではなく、ずっと座りっぱなしのデスクワークだと、オフィスが暖かくなると気持ちよくなって眠気が襲ってくるんですよね。

だからといって寒くしていると風邪を引いてしまうので、それもよくありません。

今まで何社も経験してきましたが、やはりオフィスはほんの少し寒いくらいが集中力が維持出来て仕事がはかどります。

熱の正体は暖房だけではない

オフィスの空気を暖めているものの正体は暖房だけではありません。

・オフィス内のいろんな機器

 個人個人のパソコンやオフィスに自動販売機や冷蔵庫がある場合はそれらのファンが熱を出し続けています。

・人間そのもの

 動物は二酸化炭素と水蒸気を発しながら生きていますが、そのどちらも温度を上げるものになります。

だから社員がパソコンをシャットダウンして帰宅していって人数が少なくなると涼しくなったように感じるのです。

ちなみに思い出すのは私が1社目の時のSES先で、携帯電話のテスト業務をしていた時、電波を遮断するためにいろんな大型機械に囲まれながらも密封空間にされたため、冬でも灼熱地獄の状態で業務をしました。

しかし最後にすべての機器の電源を落とすとしばらくして極寒地帯に戻ってしまった事を思い出します。

暖房だけに頼らないオフィス生活を

暖房をつけっぱなしにするのは空気を乾燥させてしまい、健康にもよくありません。

暖房だけを使うのではなく、時に送風にしてみたり、時に窓を開けて空気の入れ替えをしてみたりすると良いでしょう。

 

わざわざブログにするほどの事でもないですが、もう書ける内容もかなりなくなってきたので。。。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事