ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

LINE 副収入 副業 稼ぐ

私が販売しているLINEスタンプが製作実績として紹介されています

私が販売しているLINEスタンプが製作実績として紹介されています

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEスタンプの製作実績

私がプライベート販売しているLINEスタンプがデザイン製作会社の製作実績として紹介されています。

http://88design.biz/the-花魁

これは嬉しいですね。

しかも会社名で検索しても、検索結果に実績紹介で私のスタンプが表示されています。

事業の成長と拡大

こちらのハチハチデザインさんにLINEスタンプ製作をお願いしたのは2015年の事なので4年も前になります。

この時は40個のスタンプ製作をわずか4万円で引き受けてくださいました、格安ですよね。

その後人気が出たのか、4万円 → 5万円 → 8万円と値上がりしていき、今は9.8万円~の製作になるそうです。

同じ事業を値上げしていけるという事は

・品質が良く顧客満足度が高い

・仕事が忙しくなってきたから対応するには値上げをするしかない

・競合との価格競争で身を削るような事をしない

という事で、理想の形だと言えます。

おそらくこの会社はホワイト企業でしょう。

ハチハチデザインへの作業の依頼フロー

今はどういう手順で作業しているのか分かりませんが、私が製作をお願いした時の当時のやりとりを振り返ってみます。

まず前提条件があり、

・製作期間はお任せするしかない。(急ぎの場合は別途2万円追加で優先してやってくれる)

・LINEから審査でリジェクトされても料金内でやってもらえる

・最初にデザインの方向性を決めるためのサンプル作りは3回まで対応で、以降は1回につき5000円追加

・スタンプの中にキャラクターが2人までなら料金内、3人なら1.5倍、4人なら2倍

これで問題なければ作りたいイメージを文章やサンプルの画像で説明します。そうすると後日

「こんな感じでどうですか?」

と1枚サンプル画像が来ますので、それで問題なければ前金で半額を支払い、40個のスタンプの製作が開始されます。

40個のスタンプすべてが納品され、LINEの審査結果次第では作り直しをお願いし、すべての作業が完了したら残りの半額を支払って契約完了となります。

 

キャラクターの数、つまりデザイン案を増やしてしまうと料金が増えてしまうので、私は

「服の色を変えるだけで同じキャラクター扱いでお願い出来ますか?」

というお願いをして、承諾していただきました。

最初のデザイン案で文句の付け所のないクオリティで、LINEの審査も1回で通ったため、問題なく最低価格の4万円で40個の製作をしていただく事が出来ました。

途中のやりとりもすごく丁寧で、終始親切に対応いただきました。

 

例えばCoconalaで出会うデザイナーさんは個人になりますが、こちらは会社としてやっているので請求書領収書のようなやりとりも発生します。

しかし仕事の依頼は個人でも法人でも可能です。

9.8万円になってくるとポケットマネーでは出しづらいので、次の仕事をお願いしづらくなりました。

いい会社をリーズナブルなうちに見つける事が出来てラッキーだと思いました。

 

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事