ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

コスト フリーランス 人件費 正社員

正社員と非正規社員・フリーランスのメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

非正規社員で働く事は悪い事だけではない

正社員じゃないと待遇が悪いから正社員になるべきみたいな風潮がありますが、

別に必ずしもそういうわけではないと思います。

フリーランスだと、正社員で働くよりも1.5~2倍くらいのお金がもらえるはずです。

その代わり、保険とかは自分で加入して払わないといけないし、仕事がゼロの時は収入もゼロです。

スポーツ選手に例えると

スポーツ選手に例えたら分かりやすいです。

野球やサッカーは年俸制だから、試合に出なくても給料がもらえます。

ゴルフは賞金制だから、賞金を手に入れられるところまでたどり着かないと収入はゼロです。

(スポンサー契約とかを除く)

よく見るパターン

だから、若い頃はフリーランスでバリバリ働いてがっつり稼いで、

でも結婚とかして安定が欲しくなったらどこかで正社員で雇ってもらうというのはよく聞くパターンです。

 

一番お金がかかるのが人件費

企業としても悪い事をしたいから非正規雇用をやってるわけではありません。

会社が結局一番お金がかかるのが人件費

だからコストカットをしたい時に、一番削減したいのも人件費。

だけど正社員に対して

「君、必要なくなったから、お願いだから辞めてくれ」

って直接的に言うわけにはいかない。

時々見ますけどね、リストラの時に

「早期退職してくれたら、退職金多めに出すから誰か立候補してくれ」

ってやつ、

確か私の父もそうでした。

 

だから一時的に人を雇える「派遣」というもので外部の人材を調達出来るのは非常に便利なのです、

必要でなくなった時点で切る事が出来ますから。(もちろん1ヶ月以上前の告知は必要ですが)

働き方に正義とか悪があるわけではなく、

結局何を優先して働きたいのかという選択肢が広がっているだけの話だと思うんですよね。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事