ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

お金 稼ぐ

景気がいいというのはお金がたくさんあるという事 〜Koreaダメだ〜

景気がいいというのはお金がたくさんあるという事 〜Koreaダメだ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

景気がいいという事

景気がいいというのは、その国にお金がたくさんある事です。

お金がたくさんあるから、お金がたくさん回るのです。

その国でお金を増やすには

でもお金は増やそうと思って、無限に増やせる訳ではありません。

お金を自分たちで増やすと、その単価あたりの価値が下がってしまうからです。

お金は欲しいけど、価値を下げずに増やすにはどうしたらいいか?

外国から外貨を稼ぐんです。

 

サウジアラビアなどの中東は石油を売ればお金が手に入ります。

中国やロシアなどの広大な土地を持っている国は、石炭やレアアースなどを採掘すればお金が手に入ります。

 

では広い土地を持ってない日本はどうやって外貨を稼いでいるのか?

それは外国から材料を輸入して、作った製品を輸出する事で稼いでいるのです。

これは小学校高学年の頃に習いました。

領土問題

領土問題もありますね。

日本は海に囲まれていて、大陸の国に比べて領土問題なんかないように思われがちですが、

領土の周りには領海を持つ事ができるから、

竹島とか尖閣諸島、北方領土問題があるわけですね。

領海の広さで、海産物の水揚げ量も変わってきますし、

その海産物も大事な輸出品になり得るからです。

景気をよくするためには外交がとても大事

だから、景気をよくするためには国の内側だけを見ていてはいけません。

むしろ輸入しやすい環境、輸出しやすい環境を作り、

結果的に外貨を稼ぎやすい環境を作る事が大事なのです。

だから外交というのはとても大事です。

国の景気に直結する事です。

 

だから外交が下手だと、お隣の国のように景気が最悪の状況になるのです。

政治と外交が別だとか、国際司法より国内の司法が優先とか、そんな事言ってると、

どの国とも取引をする事が出来ずに、外貨を稼ぐ事ができないのです。

私達は幸せになるためにああならないようにしましょう。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事