ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

働き方

配達員さん、そこに荷物を置くのは勘弁してください

配達員さん、そこに荷物を置くのは勘弁してください
このエントリーをはてなブックマークに追加

置き便

新型コロナウイルスの影響で、テレワークの活用などで外出自粛が増え、買い物は宅配を利用するシーンが増えました。
また宅配においても、なるべく人との接触を控えるために「置き便」という方法も取られるようになってきました。
「置き便」とは、荷物を手渡すことなく、玄関先に荷物を置くことです。
サインが不必要というメリットがある一方で、配達員は玄関のチャイムを鳴らすこともなく帰るので、いつ荷物が置かれたのか分かりづらいというデメリットもあります。
今Amazonで商品を購入すると、もうユーザーが指定しなくても置き便が標準仕様となっています。

そこに置くのは勘弁してください

さて、私もAmazonで商品を購入したのですが、大変な目に合いました。写真を見てください。


そこに荷物を置かれると、内側からドアを開ける事が出来ません。
外に出られなくなってしまうので、大家さんに助けを求めなければいけません。
配達員さん、宅配が増えて忙しいのはわかるのですが、せめてドアのドワノブ側に置くようにしてください。

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事