ブラック企業からホワイト企業へ転職成功「お金を稼ぐ」を考える転職ブログ

アプリ エンジニア スマホ 就職 転職

エンジニア35歳定年説は本当か?

エンジニア35歳定年説は本当か?
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニア35歳定年説

よく言われますね、

これは本当でしょうか???

何度も転職してきた自分の経験から話すと、

あながち間違ってはないと思います。

 

25歳くらいまでに一人前になって、

29歳くらいまでには自分の部下を持って、

35歳くらいまでにはコンサルが出来るべきと言われます。

 

実際に35歳を過ぎてからの転職は苦労しました。

本気で、だけど妥協せずに探して、何社も面接して、

結果的に決まるまで半年近く転職活動しました。

書類や面接で落ちたのは、間違いなく実力不足だったからでしょう。

 

アラサーからのスキルチェンジ

ちなみに前の会社では

ITの経験がない30歳くらいを

2度にわたってポテンシャル採用しましたが、

どちらもついていけずに辞めていきました。

業種を変えるほどのスキルチェンジ、ポテンシャル採用が通用するのは、現実的には25歳まででしょう。

35歳を超えてからのスキルチェンジは難しいでしょう。

30歳を過ぎたら、そのジャンルのプロフェッショナルとして働いていなくてはいけません。

アラサーからのスキルチェンジは無理なのか?

年齢で絶対に諦めなくてはいけないのかというと、そうでもありません。

前回のブログでブランド化について語りましたが、

同じように

・自分が何を提供できるのか

・自分は何を出来るのか

を証明する事が出来れば、活路はあります。

 

私自身も

「スマホアプリの作り方を勉強しています」

では転職出来ませんでしたが

「スマホアプリをリリースした事があります」

で転職に繋がった事があります。

大事なのは実績です、

そこに至るまでの過程は独学でも何でもいいです。

自身を証明する事

それが出来れば年齢というアドバンテージも覆す事ができるでしょう。

 

ブックマークお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事